居宅介護支援センター

居宅介護支援センターについて詳しくご紹介いたします。

TOPページ > 居宅介護支援センター

ケアマネジャーのご挨拶

毎日の生活を、
もっと満足してもらうには
もっと楽しくしてもらうには
もっと出来る事を増やしてもらうには
お客さま・ご家族さまと一緒に考え、高齢者の「自立支援」に向けたお手伝いをしていきたいと思っています。

居宅介護支援センターとは?

居宅介護支援センターとは、県の指定を受けた介護支援専門員(ケアマネジャー)がいる事業所です。

  • 介護保険制度において、介護サービスを必要とされる方に各サービスの紹介・調整・フォローを主に行います。

  • 介護保険サービスを利用する際に必要になります。

  • 65歳以上の介護が必要と認定された方、及び40から64歳の特定疾患(がん末期・関節リウマチ・脳血管疾患など(16疾病)が原因で介護が必要とされた方です。

  • 居宅介護支援の料金は全額介護保険から給付されるため自己負担はありません。

居宅介護支援センターで出来ること

居宅介護支援センターでは、要介護(1~5)の方を対象に、ケアマネジャーが介護に関するご相談から介護保険サービスの利用までの一連のプロセスをサポート致します。

こんな時は御相談ください

・介護保険サービスについて知りたい時・介護保険サービスを利用したい時

  • ケアプランの作成
    介護保険サービスを利用するには一人一人に合ったケアプランが必要となります。そのケアプランの作成のお手伝いを致します。
  • 要介護認定の更新の手続き
    介護が必要と認定されても、一定の有効期間があり、再度更新申請をする必要があります。
    更新申請についてもお手伝いさせて頂きます。
  • 介護全般の相談
    介護で困っていることがありましたら、どのようなことでもご相談ください。
  • 044-982-0200
    営業時間:8:30 ~ 17:30
    休業日:土・日・祝日
  • お気軽にご相談ください

    メールでのお問い合わせ

サービス利用までの流れ

介護サービス利用手続きの流れ

  • 本人または家族が申請
    介護や支援が日常生活で必要と感じたら、市区町村の窓口に要介護・要支援認定申請書と介護保険の保険証と共に、「要介護認定」の申請をします。
    (第2号被保険者は医療保険証が必要になります)
  • 認定調査と主治医による意見書
    市区町村の職員などの調査員が自宅などを訪問し、どの程度の介護が必要なのかを調査します。
    また、心身の状態について主治医が意見書を作成します。
  • 審査・判定 / 認定・認知
    コンピュータ判定の結果などと主治医の意見書をもとに、「介護認定調査会」で日常生活にどのくらい支援が必要なのか、介護の度合いを審査決定します。
    審査結果により、「要介護1~5」、
    「要支援1・2」、「非該当」に区分を分けて認定し、通知します。

よくあるご質問

  • 居宅支援事業にはどのような専門家がいますか?
    試験・研修に合格し、介護保険についての専門知識を持つ、都道府県知事の登録を受けたケアマネジャーがいます。
  • 電話でも相談できますか?
    お電話でもご相談を承ります。
  • 居宅介護支援で訪問はしていただけますか?
    要介護認定を受けた方には毎月一回ケアマネジャーがご自宅へ伺い、サービスの提供状況や心身の変化はないか等の確認をさせていただきます。
  • 044-982-0200
    営業時間:8:30 ~ 17:30
    休業日:土・日・祝日
  • お気軽にご相談ください

    メールでのお問い合わせ

メールでのお問い合わせ

電話でのお問い合わせ

居宅介護センターについての
お問い合わせ
044-982-0200

営業時間:8:30 ~ 17:30

休業日:土・日・祝日

閉じる

ページトップ